明後日(12/19)に厳島神社より行います

【無償ヒーリングイベント】プレアデスから慈愛への導きのイベントについて補足です。

今回、宮島(厳島神社、弥山)にライトワークに呼ばれたのですが、元々はプレアデス星からの依頼でした。

このイベントに参加されたいと思われた方は、プレアデス星団から来ている方もいらっしゃるかな?と思い、少し補足させていただきます。

プレアデスと地球、日本について

プレアデスについて簡単に補足すると・・・

プレアデス星人は、高次の精神と文明を持ち、慈愛に溢れ、争いごとを好まない種族です。

宇宙連合から低い波動の惑星のレベルを上げるの目的を持っています。

プレアデス星人の魂を持って地球人に転生すると、地球上での生活は大変生きづらく、魂が遙か彼方の故郷を恋しく思うことがあります。

 

私もこのお仕事を通じて、自分自身を理解する前までは、

(自宅にいるのに)家に帰りたいと思ったり

どこにいても常に孤独を感じることが多かったです。

私にとって、ご縁の深い星であり、その星での記憶が地球での私の成長を促してくれました。

地球に降り立つの目的

プレアデス星人の魂が、地球に降り立つ目的は、人間の霊性の向上を促すことと言われています。

人間の魂レベルの引き上げを促し、サポートするために転生します。この転生は、あくまで本人が使命を選び、実行していています。

 

プレアデスは、日本名では「すばる(昴)」と言われていますね。

先日、お亡くなりになられた谷村新司さんの歌も「昴」でしたね。

この歌をつくられた谷村さんも、プレアデス星団と深い関わりがあったようです。

面白い逸話を発見したので紹介させていただきます。

この歌の歌詞は、谷村自身の作詞であり、結びの「さらば昴よ」というフレーズであった
自作の歌詞であるにもかかわらず、「何故、昴に別れを告げているのか」という疑問が谷村自身にも解けなかったが、
作詞から20年以上経ってから「物を中心に据えた価値観に別れを告げるという意味だった」と納得したそうである。
この「昴」は突然谷村の脳内に降って湧いた楽曲であり、その後しばらくは「プレアデス星団」の宇宙人と交信をしていたという・・・
上記Wikipediaから引用
 
 
太古から日本とプレアデスは、縁が深かったようです。
 
日本(人)は、プレアデス星人などの宇宙人たちが、平和な人種の創成を目指してつくったとも言われています。

 

●~:*:●~:*:●~:*:●~:*:●~:*::●

私個人の考えになりますが

”慈愛”というと、他者に愛を配るように思われますが

真の慈愛へ覚醒するには

まず、ご自身を愛すること だと思います。

 

明後日19日のイベント【無償ヒーリングイベント】プレアデスから慈愛への導きでは

夜空の宇宙の遥か彼方の星に思いを馳せつつ

ほっこ〜りしながら

「自分をもっと愛するために、何をしたらいいかな〜」

ご自分へ温かな気持ちを向けてみてくださいね。

 

イベント限定有償ヒーリングワークのご案内です。

慈愛のベールをご自身が纏うヒーリングとなります。期間限定です。

イベント限定有償ヒーリングワーク「慈愛を纏う」

今日もお読みいただきありがとうございました。