謙虚であること、

通説では控え目で、つつましいこと。

へりくだって、すなおに相手の意見などを受け入れること。

また、そのさま。

と、相手目線の意味が、世間一般的にはまかり通っていて

どうしても、この言葉の辞書的なのっぺりした意味に違和感があって、

でも、謙虚である事は、ものすご〜く大切で今のお仕事を通じて学んだことでもある。

なので、自分目線にして解釈してみることにしました。

 

 

謙虚さとは、

自分に最大限敬意を示せることだと思う。

自分をわちゃわちゃ甘やかすとか、見たくないものを見ない自分ではなくって

心から敬う気持ち。

自分に寄り添う気持ち。

私は私であると言う勇気。

そうすると必ず、相手にも同じことしている。

と言うか自然とできている。

 

謙虚であると、同じ方とお会いしても、まるで初めてその方にお会いするような気持ちになる。

そうすると今のその方の素晴らしさを通して、今の自分が見えてくる。

今を生きるってことでもある。

 

まぁ自分にリスペクトも今を生きることも

めちゃハードル高い訳で

やりたいことのハードルが高いって、生きがいがあるね(まだまだ死ねないね〜笑)

今日もお読み頂きありがとうございました。

 

最新情報はこちらから   http://www.onmyo.jp.net/info/